会話の媒体が変わっても目的は人との繋がりを求めているということです。

MENU

アプリやSNSサイトの進化

2014年現在は、ソーシャルブームによって多くの進化を遂げています。
その一つが携帯電話の進化です。現在、スマートフォン普及によってアプリやSNSサイトのサービスも向上しています。

 

その中でもダントツで人気なのが、「LINE」と「Facebook」です。
これら2つは、簡単にコミュニケーションをとることができる素晴らしいアプリとSNSツールです。

 

ラインマーク

メールと殆ど同じなので気軽に会話が出来ます。

また、「スタンプ」という絵文字のような画像によって、言葉を打たずに、「スタンプの雰囲気で自分の感情を伝える」という仕組みが作られおり、この「スタンプ機能」や「グループ会話機能」、また気軽さと無料で使えるということが人気を集めています。これを使えば簡単にメールを楽しむことが出来ます。

フェイスブックマーク

本名登録制となっていて、気軽に友人を検索できるだけでなく、Facebook内でもチャットやメールを楽しめるので、多くの方と交流を深めることが出来ます。

 

この2つのサービスは、現代の多くの人が活用しているもので、会話だけでなく、新たな出会いを生み出すものなので非常に素晴らしいコミュニケーションツールといえます。

 

LINEやFacebookの注意

ソーシャル文化が普及した中で、LINEやFacebookを利用する際は注意点もあります。
それはアカウントと呼ばれる、「個人情報を利用する仕組み」を用いているのですが、稀にアカウントをのっとられるという被害もありますこういった被害に遭わないためには、定期的にパスワードを変更したり、情報を漏らさないように注意することが大切です
便利なツールが普及した分、サービスを利用するときは利用上の注意も理解しておくことが大事です。

 

 

LINEやFacebookでのメールの需要とメリット

この2つが圧倒的にメールの需要を高めている理由は、便利でサービスの質が良いからです。
「気軽に」「楽しく」「誰とでも」というようにコミュニケーションをとることが出来るので、多くの方が利用しています。
サービスを利用する上での危険性を知っておけば、楽しく使うことが出来るツールなので非常に優れたものだといえます。